過去の開催報告(2019年)

2019年の開催実績

開催日テーマ講師
10月4日(金)第164回例会
アフリカビジネスの課題と機会を考える
株式会社シュークルキューブジャポン
佐藤弘一代表取締役社長
9月4日(月)第163回例会
韓国経済の今〜どうなる日韓経済関係
大東文化大学
高安雄一教授
7月22日(月)第162回例会
超小型衛星が拓く新しい宇宙開発利用
東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻
中須賀真一教授
5月28日(火)第161回例会現
現代アートの可能性について
アートキュレーター
小高久美子氏
3月25日(月)第160回例会
日本にとってのアフリカの可能性を考える −南スーダンから第7回アフリカ開発会議(TICAD7)へ−
外務省中東アフリカ局アフリカ部・国際協力局参事官
紀谷昌彦氏
2月26日(火)第159回例会
健康増進型保険の開発背景 と 今後の展望
住友生命保険相互会社
Vitality戦略部長
西野貴智氏
1月8日(火)第158回例会
Medicine-Based Town(医学を基礎とするまちづくり)
奈良県立医科大学教授
梅田智広氏

今後の例会

12月
16
7:30 PM 第168回例会(Zoom開催) 日本発ICT...
第168回例会(Zoom開催) 日本発ICT...
12月 16 @ 7:30 PM – 10:00 PM
日本発ICT起業の可能性と課題−私たちはデジタル時代とどう向き合うか 日時:12月16日(木) 19:30〜22:00(19:25から接続できます) 講演:19:30-21:00 講師:大舘陽子氏(株式会社Crossdoor代表取締役CEO、一般社団法人PHAZE代表理事) 懇親会:21:00-22:00(参加者の近況報告を兼ねたオンライン飲み会) 日本も世界も、デジタル化が急速に進んでいます。あらゆる仕事や私たちの日々の生活に至るまで、デジタル時代とどう向き合い、自らをどう変えていくかが課題になっています。 今回講師にお招きする大舘陽子氏は、筑波大学で情報学を専攻後、エンジニアとして様々な製品開発に携わりました。そしてCrossdoorの前身の会社に合流し、創業者と一緒にCrossdoorを立ち上げてCEOに就任しました。スマートフォンでどこからでも家電を操作でき、簡単にスマートホームを実現するサービスを提供・展開しています。ものづくりを通じて未来の生活でなくてはならないサービスを作り、安定して届けることをミッション(「未来を生きよう」)に掲げています。 更に、一般社団法人PHAZEの代表理事として、本年4月にアラフィフ対象のリカレント教育事業「PHAZEリカレント」を立ち上げ、Zoom・Slack・Vimeoなどデジタルツール全般の企画・運営・研修に携わっています。 今回の例会では、大舘陽子氏から、ICT起業とリカレント教育の経験を踏まえ、幅広い世代の日本人が、このデジタル時代にいかなる姿勢でどのような能力を習得していくべきなのか問題提起をいただき、引き続き参加者との間で意見交換を行います。